Skip to content

はじめてのCinema 4D

はじめてのCinema 4Dでは、書籍「はじめてのCinema 4D」を教材にしてCinema 4Dを触ったことがない方向けのトレーニングになっていて2日間にかけて以下のことを学びます。

1日目 – Cinema 4D基礎 モデリングからレンダリングまで

  1. Cinema 4Dのインターフェイスについて
  2. モデリング(デザイナーズチェア)
    1. 下絵の準備と読み込み
    2. スプラインモデリング
    3. 押し出し
    4. スイープ
    5. 回転
    6. ロフト
    7. ポリゴンモデリング
    8. カットツール
    9. 押し出し
    10. 面取り(べベルデフォーマ)
    11. いくつかのデフォーマの紹介
  3. マテリアル作成
    1. クロムメッキとレザーマテリアルの作成
    2. チャンネルについて
    3. 背景作成
  4. ライティング
    1. ライトの種類の紹介、影の種類の紹介、エリアライトによる3点照明
  5. カメラ設定
  6. レンダリング設定

2日目 アニメーション基礎

  1. アニメーションの基礎知識
  2. バウンドするUFO作成
  3. 列車を動かす
  4. パーティクルで列車の煙を作成
  5. 列車シーンのアニメーションレンダリング
  6. XPressoの紹介
  7. ウォークスルーのカメラアニメーション
  8. MoGraphについて
    1. 簡単なテキストアニメーション作成
    2. クローナーとエフェクタの関係について
    3. 簡易エフェクタ
    4. ランダムエフェクタ
    5. ディレイエフェクタ
    6. カラーシェーダで電球を光らせる
    7. マルチシェーダで各クローンの色をかえる
    8. ボロノイ分割の機能紹介
    9. ダイナミクスをかけてみる

チュートリアルでは下記の画像のデザイナーズチェアのモデリングから、マテリアル設定、ライティング、レンダリングを行います。

スクリーンショット 2016-06-27 10.10.52

Cinema 4D基礎との違いについて

大きな違いとしては講師と教える手順や使用サンプルが異なります。講座で覚えられるスキルとしてはそれほど大きな違いはありません。いずれもCinema 4Dや3DCGの初心者の受講を対象としております。なお、その他の講座は、現在Cinema 4D基礎の講師が担当していますので、他の講座を受講される方は、Cinema 4D基礎の受講をおすすめします。

Read more from 基礎, 講座コース

Comments are closed.